スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イキ違い?

サラリーマン、今までバリバリ仕事をこなしてきました。
人を管理する側にも立ち、人を査定してもきました。

人を管理?人を査定?よく考えたら、なんじゃそりゃ!?ですね。
言ってしまえば、彼らの管理業務の下請けです。
あー、アホらし。。

最近、小学生くらいの自分を思い返してみました。

当時は、たかだか10分の休み時間がとても長く感じましたね。
水道から出てくる水がうまかったですね。
よく寝たっ!って心底感じましたよね。
大多数の大人が人を思いやり、モラルがあるものと信じてましたよね。
人間は皆平等だと思ってましたよね

世界がもう少し不条理を許さなければ、世界がもう少しイッてなければ。。

玉さんがいうように、今後の世界に対して私にもなにやら初恋に似た淡~い感情が芽生えています。
今後の美しい世界への萌え~でしょうか?それとも、頭の回路がショートしたのでしょうか?

キチガイにはキチガイを

正常とは、右に倣うことではない、息をすることだっ!

さぁて、シエスタするか。
スポンサーサイト

オーマイガッ!

ウォーター!で、水で、水木しげるの水で、水森あどの水でっ!
あの水素酸素でできたニクいやつで自動車が動くなんて!
ってことは、電気も水からケーオツですよね。
この話題で御飯が三杯食べられました。
ヒートポンプやら何やらが化石的な装置になった瞬間です。
ヘッポコ、ヘッポコ、ピー(パル)です。

ご紹介しましょう、水で動く車!水車ぁ~!
これは水車って呼ばれるんでしょうかね?

まあいいさ。とにかく、ルイオーはくさいし、他のものに使えばいいよね。プラスチックの原料とか、おならの原料とかに。
じゃあ、これからは、オイルはいらないね。利権もいらないね。平和がやってきた。
みんな踊ろう!シャルウィーダンス。洋服ダンス。awa-dance
ムーンウォークで月面までひとっとび!ジャクソンさんも喜んでることでせう。


今夜はオールナイトで、どぜうすくい だー!

これからは、ノーモア・オイル、ノーモア・ウォー
ノー・ウォーター・ノー・ライフですな。

幸せダイヤリーADF

玉蔵さんのブログ、ぐっときました。
こころの奥底にあった、ボヤッ、としたものが、キリッ、と明確になった感じです。

私も、会社でよく部下にこんな話をします。ありきたりですがね。↓

半分まで水が入ったコップは、半分しか水が入っていない。。。とも言えるし、半分も!水が入っているっうう!とも言えるということです。

この2つの言い方って、事象が一つであるにもかかわらず、それぞれ真逆の意味にしてしまうわけで、これは、物事がいかに考える主体に依存しているかが、よーーく分かる言い換えだと思うんですよ。つまりは、何事も見方だけの問題だよっ、てことを伝えようとしてるんですがね。

また、雨乞いの例で説明されている、今そうであるように振る舞う、というのは、私も同感です。
優れたスポーツ選手のイメトレも同じ原理ですよね。

しかし、この世界で育った人間は、もちろん私もそうですが、どうしてもネガな心に支配される傾向にあると思います。なので、そんなアホな、とか、無理無理、とか、どうせほにゃららでしょ、とか、そんな潜伏している心のネガティビスタは、どこかに追いやって、いわゆるラテンなカビラ・ジェイ的な心で、振る舞おうと思います。

ここで一句、ああ楽し、ああ楽しいな、ああ楽し。ゴーーーーール!そうなんです。そうなんです!

あとそうそう、ご飯を食べるときの、頂きます、と、ご馳走様、って食物となる生物に対する感謝ですよね。
私は、この2つの言葉が大好きです。これからも、もっと色々なものに感謝をしていこうと思います。

ところで、私も玉蔵さんと同じで、に対して感謝の気持ちを意識しだしたときだったんですよ。
自分って色んな人に生かされてるなって。特に妻には、細かく見ていくとほんと思いやってもらってる。

自分て、ある年齢までは、俺は一人で生きてきたぜ、的な気持ちでいませんでした?
でも、自分に子供が出来て、子育てに参加して、ホントにこいつら何もできねーなと思いながら、おむつとか取っ替えたりしてたんですよ。すると、まてよ。。自分もこんなんだったのか、と思うと親にも感謝の気持ちがわき上がりましたね。あと、自分が写ってる写真って、ファインダーの奥には、わたしを記録しておきたい!かわいい!と思う親の目線があったんですよね。それを考えると涙が出そうになりましたもん。

とにかく、感謝することは、世の中沢山ありますよ。自分がいま生きてられるのも、周りが笑ってるのも、テキサスバーガーが人気なのも、ランバダが人気だったことも、ヤンキーが成人式で暴れちゃうのも、何もかも実は世の中には必要なことなのかもしれませんね。

今後は、そっせんして、「あたかも…であるかのような振る舞い」に没頭します。
A(あたかも)D(であるかのような)F(振る舞い)
ADFですね、略すと。







新年のご挨拶

どうやら新年が明けたようです。明けましてオメ○トウゴザイマ○!

ところで、日本人は昔っからグレゴリオ暦を使ってたわけではないですよね。
でも日本には正月があったりしますわな。そしてその正月とやらは世界の1月1日と一致してますよね。ふつーに。

いつか暦ってのは整合させたのか、偶然世界中で各国に頭の良いひとがいて、そのひとらが世界暦の統一に尽力した結果ということになってるんでしょうか?

しらべりゃいいんですが。夜遅いし。疑問をなげて終わりにします。
ふつーのことって、よーく考えるといじょーなことになったりするんですよね。
ふつーってなんだ?そんなことより口唇ヘルペスがいてー。

ねよねよ。。
ほんとーのこといっちゃいなよっほっほーい。

かち と まけ

世の中には、なんとも不条理が増してきているような気がします。
最近とても考える私に親和しない考え方は、かち と まけ という概念です。
なぜ人々は、かち と まけ に固執するのでしょう?
なぜ、負けるのはいやなのでしょう?
まけ とか かち とは何のことでしょう?
「ここで、折れたら俺の負けだから」、「負けらんねぇから!」、って人々は何に勝とうとしているのか?
心には常に恐怖が居座っているのでしょう。
勝ち負けを意識しなきゃいいのに。一部の小さい事象のみしか見ずに、全体を見ないことは、現代の一つの病理ではないでしょうか?
最近、仕事で水素エンジンについて学びました。そのエンジンを動かすための水素は、製造するために、1モルの水素につき1モルの二酸化炭素ができてしまうそうです。もし、二酸化炭素が温暖化に関与しているのであれば、水素エンジンもどうかというものですね。
つまり、全体を見据えねばなにも理解できないということを痛感しました。この視点でも狭いのかもしれませんしね。
もっと、全体を見て、あらゆるものをバランスよく見て考えねばならないと思いますね。ほんと。
せっかく、ニューロンの集合体を持ってるんですから。もったいないですよ。考えないと
シナプスが枯渇しちゃいますよね。
誰かほんとのことを教えてよ。ほんとのことを言っちゃいなよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。